本田圭佑が仮想通貨「本田コイン」を販売?「経営の方がセンスあるわ」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

週刊ポストに面白い記事が載ってましたのシェアしたいと思います。
ワールドカップイヤーとなる2018年。日本代表への復帰が期待される本田圭佑(31)ですが、去年の12月に極秘で行った謎の投資セミナーで熱弁を振るっていたというのです。
さらには今熱い仮想通貨市場にも参入し、ビットコインならぬ”本田コイン”を販売しているという噂も広がっています。
ここでは、週刊ポストが報じたセミナーの内容や仮想通貨「本田コイン」の実態について迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

去年末に行われた謎の投資セミナー

ビジネスセミナーにスポーツ選手がゲストとして招かれるのはよくあることですが、現役のプロ選手が自ら”ビジネスセミナー”を主催することは異例です。

「今日は皆さんと将来のことをお話しさせていただければなと思っています。テーマがですね、あまり細かいことを言わずに『投資』。次世代の日本を、世界を作っていく『投資』をテーマに今日は皆さんに集まっていただいているので」
(引用:週刊ポスト 1月26日号)

2017年の年末。
都内某所のパーティー会場において、本田圭佑は数十人の参加者の前でマイクを握って熱弁を振るっていたのです。

・次世代を変えられる方だけをお呼びしている
・あえて大企業の社長は呼んでいません
・皆さん積極的に名刺交換して下さい

本田圭佑といえば、少し前までは言わずと知れた日本を代表するサッカー選手でした。
その一方で投資家としての一面も前面に出し、小学生を対象にしたサッカースクールを設立したり、オーストリア2部のSVホルンを経営したりもしていました(賛否両論ありますが…)。

なので個人的には本田圭佑がビジネスセミナーを主催したり、”投資”という言葉を発することについては全く違和感がありません。
昨年5月、本田圭佑本人もメルマガで次のような発言をしていたようです。

<俺はサッカーは才能のない分野やと思ってたからね。経営やってみて、俺100%経営の方がセンスあるわ、と思いながらやってるもん>

去年の年末行われた投資のセミナーは「非公表」。経営者・本田はどんな次なる投資先に何を考えているのでしょうか。

週刊ポストの記事に本田圭佑本人がツイッターで反応

今回の本田圭佑の投資セミナーのニュースについて、本田圭佑本人のツイッターアカウントを見てみると、さっそく反応があったようです(画像のぼやけ方が謎っぽさを引き立てている気がします(笑))。

しかもそのリプライを見ると、幾つかの質問に対して本人が回答しています。
本田って最近はSNSでこんなことまでしているんですね。

スポンサードリンク

仮想通貨「本田コイン」の実態は?

実は今回のセミナーを前に、周辺では本田が仮想通貨ビジネスに参画するという話がでていたようです。「本田コインを買うにはどうしたらいいのか?」という声もあったと参加した企業の関係者が明かしています。
さらに、本田と関係が深いカンボジア政府の後押しを受けて、大幅な値上がりが見込めるという話まで流れていたといいます。

本田は、カンボジアサッカー協会副会長のキウ・ソメス氏と親交が深いらしく、ACミラン在籍中はミラノまで招待したり、逆にカンボジアのフン・セン首相と会わせてもらったりした仲なのだそうです。
そうした繋がりもあって、2016年12月にはカンボジア・リーグの『ソルティーロ・アンコールFC』(現在1部)の経営に乗り出しています。そのチームの幹部が言うには、去年の11月に仮想通貨ビジネスの話を聞いたそうです。サッカー協会を通じてカンボジア政府とも繋がりがあり、後押しも受けられるとのことです。

しかし、前出のカンボジアサッカー協会の副会長・ソメス氏を直撃すると「まだ仮想通貨の話は聞いていない」と語っています。さらには本田の会社も仮想通貨ビジネスへの参画について「事実ではありません」と否定しています。

週刊ポストの記事を読むと、本当かどうかはわかりませんが、本田圭佑との関係が取り沙汰された仮想通貨はすでに発行されているらしく、福岡県の販売代理店で買えるそうなのです。週刊ポストがその代理店を取材すると次のような話があったのです。

「本田さんとはビジネス関係のパーティーで知り合い、昨年11月に仮想通貨ビジネスを『やろうか』という話になりました。彼は仮想通貨についてかなり勉強していますからね。ただ、まだ具体的な中身は決まっておらず、本田さんが、この仮想通貨に今後関係するかも未定なのです。
昨年末のパーティーには私も参加しました。その直後から問い合わせが増えましたが、『まだ何も決まっていない』と答えています。売れ行き?この仮想通貨はまだ身近な人にしか販売しておらず、価値はほぼゼロです。将来的にどの程度の規模になるかも不確定です」
(引用:週刊ポスト 1月26日号)

ただ、もし本格的に”本田コイン”が運用されると、彼の知名度とカンボジア政府の後押しもあってそれなにり価値が高騰することも十分に考えられます。今のうちに買っておきたい投資家もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ「本田コインよりもまずはワールドカップを!」

週刊ポストの記事を読む限りでは、仮想通貨「本田コイン」の話は、まだ水面下で動いている段階といった印象を受けました。なのでまだ公にはアナウンス出来ないでしょうし、最終的には”やらない”という可能性も充分あると思います。
そもそも仮想通貨はただの電子情報に過ぎませんから、元はと言えば、無価値な単なる電子データです。今でこそ1単位が1万5,000ドル前後もするビットコインもいつ暴落するか分かりませんから。

そんなことよりも、いちサッカーファンとしては、本田圭佑選手はサッカーでニュースになって欲しいです。
もちろんセカンドキャリアを考えて行動するのも非常に大事だと思いますが、最近は年齢と共に実力も下降気味のせいか、サッカーよりもそれ以外のことに注力しているような気がしてなりません。
本田コインを販売することよりも、まずはどうやったら日本代表がワールドカップで勝てるのか、そっちもビジネス以上に注力して欲しいと思います。(とは言いつつも、本田コイン、まだ安かったら買っておきたいな…)

この記事を書いている人 - WRITER -
 
   

Copyright© CURIOUS Web , 2018 All Rights Reserved.