小室圭さんの母親の金銭トラブル!証拠のメールがついに発覚した【週刊現代】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

小室圭さんの母親である小室佳代さんが、元婚約者のA氏という男性から400万円を借金していたという金銭トラブル。
これまで一貫して小室圭さんも母親も『それは借金ではなく贈与です』と主張していましたが、週刊現代の記事に、動かぬ証拠のメールが掲載されていました。
そこには「お借りしても良いでしょうか」という文字が書かれています。
さらには、小室親子の本性が分かるような残念なエピソードもあります。詳細を御覧ください。

スポンサードリンク

証拠メールはコレ!小室圭さんの母親の金銭トラブルに動かぬ証拠が!

まずは、週刊現代に掲載されていた借金の証拠となるメールを御覧ください。
小室圭さんの母親である小室佳代さんが、元婚約者であるA氏に送った携帯メールです。
”借金”を意識した言葉が綴られています。

『申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか。』

↑この証拠メールの画像には日付がのっていないのですが、週刊現代によりますと、これは2011年3月16日のものなのだそうです。
当時、小室圭さん親子や東日本大震災で被災し、福岡県に避難していたのです。

このメールの後には

『振込はみずほで結構(みずほのカードしか持っていない)です。とりあえず10万円程お願いできますか。いつも助けて頂くばかりで感謝ですm(_ _)m』

という絵文字付きのメールも送っています。

これらのメールを読む限り、「お借りしても良いでしょうか」という表現がある以上、贈与ではなく借金の申し出と解釈するのが普通だと思われます。
これらのメールは元婚約者であるA氏の主張を裏付ける動かぬ証拠だと言えますね。

しかし、小室圭さん・佳代さん親子はそれを『贈与』と主張しているのです。

元婚約者のA氏は「あのとき、『今は月1万〜2万しか無理だけど少しずつでも返します』と言ってくれたら…」と残念がっていました。
このメールが金銭トラブルの解決のきっかけとなるのでしょうか。

帝国ホテルで小室圭さんの成人式の写真を撮った時も…

週刊現代には小室圭さんが成人式の記念に、帝国ホテルで記念撮影したときの写真が掲載されていました。

その時もホテルへの送迎はA氏。
スタジオでは小室圭さんと母親の佳代さんだけが写真を撮り、A氏だけ蚊帳の外だったといいます。

実は週刊現代に掲載されていた写真は、A氏が撮影の合間に横から撮ったしゃしんだったのです。
ちなみに、この時小室圭さんが履いていた靴は、A氏がプレゼントしたものなのだそうです。

A氏は「今考えれば、都合のいいアッシー君、メッシー君ですね」と肩を落としていました。

スポンサードリンク

高級レストランで誕生日を祝った時も…

下の写真は、佳代さんの元婚約者のA氏が撮ったものです。


(引用:週刊現代 3月10日号)

ICUの大学生だった圭さんの誕生日を佳代さんと一緒にお祝いしたときの写真です。
この写真からは分かりませんが、このレストランは汐留のタワービル41階にある、東京タワーが一望できる高級レストランの個室なのだそうです。

指輪をはめ、親指を立ててポーズを決める小室圭さん。
その前には<傑出した圭へ ようこそワーキング・クラスへ>と英語で書かれてあります。
この文言は、A氏が外国人の従業員にお願いして書いてもらった、大人になった圭さんへの餞(はなむけ)の言葉です。その従業員さんは”大人の世界へようこそ”というニュアンスを伝えたかったといいます。

しかし、この言葉は小室親子には伝わらなかったのです。
逆に、佳代さんから次のようなクレームがA氏に来たというのです。

「圭ちゃんが、あのプレートにあった『ワーキング・クラス』って、英語がおかしいって言うのよ。労働者階級って、アメリカでいい意味じゃないんだって!」

(引用:週刊現代 3月10日号)

A氏は「ネイティブの方に頼んだので、間違いないでしょう」と言ったのですが、『うちの圭がそう言っているのよ』と全く聞く耳を持ってもらえず、非難ばかりされたといいます。

さらに追い打ちをかけるような出来事が…。
その日、食事を終えてお店を出る時、見送ってくれたスタッフが「素敵なご家族ですね」と声をかけてくれます。
当時、佳代さんと婚約中だったA氏はその言葉が嬉しかったのですが、佳代さんは『うち、家族じゃないです』と言ったのです…。
そこ、否定する必要ありますかね?

小室圭さんから祖父へのメールがなんか悲しい…

小室圭さんが2012年にアメリカ留学した際、留学費用の約200万円をA氏が負担しています。
出発の日、A氏は愛車で圭さんを成田空港まで送り届けています。

それから約10日後の2012年10月5日、A氏は小室圭さんから次のようなメールを受け取ったのです。
当時、佳代さんの父(圭さんから見て祖父)が、圭さんと佳代さんの自宅に同居を始めたようで、留守の圭さんが、同居中の母と祖父の関係がうまくいっていないことを心配して、A氏にも事情に通じて欲しいと送ったメールです。

小室圭さんの”家族観”がよく伝わってくる文面なのではないでしょうか。
印象に残ったのは『ここは僕の家ですのでルールは守ってくださるよう』という強い言葉です。

母親を気遣う気持ちは分かるのですが、”電気を消し忘れて注意されたことがストレスになり体調を崩す”というのは大げさな気がします。
しかも親子での話しですよね。

いろんな家庭環境があるとは思いますが、このメールからも小室圭さんの人となりが見てとれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ「問われる小室圭さんの”覚悟”」

現在、いろいろなメディアで小室家の金銭トラブルが報じられていますが、その問題の根底にあるのは、小室親子の人間性にあるように思います。
すべてが真実ではないと思いますが、このような動かぬ証拠を見せられると、ちょっと首を傾げてしまうことが多いです。
小室家はお父様が亡くなられて、本当に金銭的に厳しい生活を強いられていたと思います。どうしても誰かに金銭的な援助をお願いするしかなかったのでしょう。
そこまでは、全然問題ないと思うのです。
人間誰しも、順風満帆には行かない時期もありますから。

問題はそこからですよね。
周りに対する尊敬の念が足りなすぎる気がします。

一方で、眞子さまは別れる気はさらさら無いと報じられています。
しかし、秋篠宮家の家族会議で眞子さまは二つの条件を出されたのです。

①圭さんの転職先と進路をハッキリさせること
②圭さん家族の金銭トラブルを解決すること

秋篠宮は近々小室圭さんと会談する予定があるといいます。
圭さんはこの二つのハードルをクリアする策を示さねばなりません。
まずは、その覚悟が問われていると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 
 
 

Copyright© CURIOUS Web , 2018 All Rights Reserved.